当院は滋賀県 草津市の心療内科・精神科・神経科の専門病院です。働く患者さまのことを考えた診療スタイルで、こころの回復をサポート致します。

滋賀 心療内科滋賀県草津市:精神科・心療内科クリニック うつ、不眠、不安、働く人のメンタルヘルス一般社団法人産業メンタルヘルス協会

滋賀の心療内科・神経科・精神科、ひつじクリニックの概要

滋賀 心療内科 クリニックの特徴 クリニックの紹介 診療のご案内 よくある質問 サイトマップ

クリニックの特徴

うつについて

院長室

うつ病とは、気分が落ち込んだ状態が何週間も続く病気です。
学校や職場の人間関係、配置異動、病気やけが、身近な人の死、親子や家族の問題など、日常生活にはさまざまなストレスが起こります。
自分ではそれほどストレスを感じていなくてもこころや身体に負担がかかり、症状が出現していることもあります。

うつの症状について

【心の症状】
抑うつ気分 気分が落ち込んでゆううつだ
悲しい気持ちになる
訳もなく涙が出る
将来への希望がなくなる
思考力の低下 集中力が低下し、仕事の能率が落ちた
細かいことでも決断するのが難しい
全てを悪いほうに考えてしまう
自分を責めてしまう
意欲の低下 趣味や好きなことをやる気になれない
家族や友人と話したり出かけるのがおっくうだ
食事、入浴、着替えなど身の回りのことも面倒だ
テレビや新聞が面白くない、うるさい
【体の症状】
疲労感 疲れやすい
疲れが抜けない
食欲不振 食欲がない、何を食べてもおいしくない
体重が落ちた
睡眠障害 寝つきが悪くなった、
眠りが浅くすぐに目が覚める、朝早く起きてしまう
体調不良 めまい、頭痛
肩こり、背中の痛み、腰痛などが続く
胃腸不良 胃もたれ、胸やけ
便秘、下痢などが続く

うつになるきっかけ

ストレスを感じてなんとなく気分が落ち込む、仕事や他のことにやる気が起きないなど、こころの不調は誰もが経験します。
しかしストレスがかかりすぎて、気分の落ち込み、不安、イライラ、不眠、頭痛、肩こりや胃もたれが何週間も続く状態を適応障害といいます。

適応障害の状態がしばらく続いたりストレスがどんどんひどくなってくると「自分に自信がもてない」「こんな自分で申し訳ない」と落ち込んだり悲観的になり、ストレスを取り除いてもこころと身体の症状がなかなか改善しません。
このような状態がうつ病です。

うつ病は決して珍しい病気ではなく、生涯でうつ病に悩まれる方は約16%と6人に1人にのぼります。うつのきっかけはさまざまで、マタニティブルー、主婦や高齢者のうつ病もよく見られます。

うつ病のきっかけとなるストレス
  • 環境の変化 … 就職、昇進、転勤、転職、入学、卒業、転校、結婚、出産など
  • 身体の問題 … 病気、けがなど
  • 失うことへの不安 … 子どもの独立、失業、離婚、退職、閉経、加齢など
  • 別れの悲しみ … 家族や恋人・友人・ペットの死、別離、失恋など

うつの治療について

うつ病に対して、薬物療法や精神療法など適切な治療を行うことによって90%以上の患者さまが回復する可能性があることも分かっています。うつ病は決して「やる気や性格の問題」「気の持ちよう」ではなく、治療を受けずにがまんしているとなかなか治らずに慢性化しやすく再発しやすい病気です。

ストレスをうけてから早い時点のうちに、適応障害の段階で受診し治療をはじめられた患者さまのほうが、治療による効果が高くより早く回復します 。

適応障害・うつ病の治療は、まず十分な休養です。
一人で抱えてこられた負担をいったんおろして、疲れきったこころと身体を休ませましょう。
ストレスとなっていることを医師や心理士との面接の中で整理し、よい対処の方法やもっとリラックスした考え方があるのではないか一緒に探していきましょう(認知行動療法)。

適応障害やうつ病は、くすりを服用することで早く治ることが多い病気です。
疲れや不安を取りのぞく抗不安薬、セロトニンなど脳内神経伝達物質を調整してうつの症状を改善させる抗うつ薬、睡眠を改善する睡眠薬などによる治療を行います。

当院では処方するくすりについて患者さまやご家族に十分に説明するよう心がけております。不安なことやわからないことがございましたらどうぞお尋ねください。

女性のうつについて

女性は男性よりもうつ病になる可能性が約2倍高いことがわかっています。
特に月経期(生理前後)・妊娠・産後・閉経などの女性ホルモンが変化する時期は、うつ病や不安障害の症状が出やすくなります。

【月経前症候群 】
月経前10日頃から以下のような症状が現れ、月経が始まって数日すると消失する病気です。
・悲しくなる、希望喪失、自己卑下
・緊張、不安、いらだち
・情緒不安定、涙もろさ
・いらいら、怒り、対人関係の摩擦
・興味の減退、対人関係からのひきこもり
・集中困難 ・疲れやすさ、気力のなさ
・過食、ある特定の食べ物が食べたくなる
・過眠・不眠
・圧倒される、コントロールを失う感じ
・頭痛、乳房の痛み・張り、体重増加、むくみ、筋肉痛
【マタニティブルー・産後うつ病】
妊娠中や出産前・産後はホルモンが大きく変化し、気分が落ち込みやすい時期です。
さらに環境の変化や育児ストレスも重なり、うつ病になることが珍しくありません。
【更年期障害】
閉経前後に女性ホルモンの分泌量が低下することにより、ほてり・のぼせ・動悸・頭痛・めまい・不眠・不安・うつなどの症状が出現します。
うつ病やパニック障害、不眠症などの病気が隠れていることもあります。

滋賀の心療内科・神経科・精神科、ひつじクリニックの概要

クリニックの特徴

  • 不眠
  • 不安
  • うつ
  • 働く人のメンタルヘルス

クリニックの紹介

  • 院長メッセージ
  • 院内紹介
  • 交通アクセス

診療のご案内

  • 診療時間
  • 診療の流れ
  • 診療内容紹介

よくある質問

講演記録

トピックス

医療法人ひつじクリニック
〒525-0037
滋賀県草津市西大路町4-1
YAO-Qビル2F
TEL 077-565-2625
(完全予約制)
マップを拡大 診療科目
心療内科・神経科・精神科
(不眠・不安・うつ・
メンタルヘルス)
診療
午前 / /
午後 / /
休診日/木曜・金曜・日曜
※完全予約制
詳しい診察時間については
こちらでご確認ください
ページトップへ
著作権
©2007 ひつじクリニック. All Rights Reserved.  ホームページ制作  bit,seo.